ヒロインの差 屋根裏の散歩者

屋根裏の散歩者 The Crawier In The Attic ☆ 【BD】  

画像


 江戸川乱歩の短編小説「屋根裏の散歩者」を原作とした2016年の作品で、「失恋殺人」「D坂の殺人事件」に続く「江戸川乱歩エロティックシリーズ」の第3弾。

 下宿屋の東栄館に住む郷田(河合龍之介)は、夜な夜な屋根裏から住人たちの私生活をのぞき見ていた。隣室の歯科医師・遠藤(淵上泰史)が新たに越してきた大内照子(木嶋のり子)と男女の関係にあり、しかも彼女を虐待していることを知った郷田は、遠藤に殺意を抱く。一方、探偵・明智小五郎(草野康太)は、大病院の令嬢・黒木直子(間宮夕貴)から婚約者である遠藤の素行調査を依頼される。明智の妻である文代(松本若葉)は、遠藤が不貞を働いていることを突き止め、その事実を直子に報告するが、その後、遠藤が自室で死んでいるのが発見される。

 単なる「江戸川乱歩エロティックスリーズ」の1作と捉え、「失恋殺人」や「D坂の殺人事件」とのストーリー上のつながりを意識せずに見ていたが、ドラマ的には草野康太が明智小五郎を演じる「明智小五郎シリーズ」第3弾というべき作品。作品の世界観は「D坂の殺人事件」と共有されており、郷田三郎や浪越警部は「D坂」からの続投で、郷田の犯行は明智への挑戦という意味合いも込められている。その点に気づいてストーリーを追うとそれなりに面白くなってくるのだが、この作品だけを単独で見ようとすると、痴情のもつれによる刃傷沙汰という極めて通俗的な話になってしまう。結局、「江戸川乱歩」ブランドの淫靡なイメージをどれだけ再現できるかが評価を左右することになるのだが、その点では微妙だった。

 シリーズの前2作と同様に監督は窪田将治が務めているので雰囲気は似通っているが、画面が「D坂」に比べると全編を通して明るめで、妖しさにはやや欠ける。そして惜しいことに「W主演」と大々的に宣伝している2人のヒロインが、もうちょっとだけ何か足りない。木嶋のり子28歳、間宮夕貴25歳と、2人とも年齢的に若すぎたのかもしれない。この2人は「ちょっとかわいいアイアンメイデン」でも共演しており、このときは女子高生役ということでそれなりにはまっていたが、「江戸川乱歩」ブランドとしては色気も不足し、それを補う演技力も足りなかった。その点では「D坂」の祥子は雰囲気的には合格点。内容的にヒロインの比重が重い作品なので、そこが成否を分けた気がする。

 何だかんだケチをつけながらも、そして外れると分かっていながらも、「江戸川乱歩」ブランドの作品に手を出してしまう。「屋根裏の散歩者」だけではなく、「人間椅子」や「陰獣」というタイトルに惹かれてしまうのは、日活ロマンポルノ世代だからだろうか。

作品データ
監督:窪田将治 出演:木嶋のり子、間宮夕貴、河合龍之介他
製作年:2016年 製作国:日本


屋根裏の散歩者アンリミテッド版<初回限定生産> [Blu-ray]
キングレコード
2016-11-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 屋根裏の散歩者アンリミテッド版<初回限定生産> [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



次はこれ買う!



香港、華麗なるオフィス・ライフ [DVD]
アメイジングD.C.
2016-11-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 香港、華麗なるオフィス・ライフ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック