最新の古典SF エクス・マキナ

エクス・マキナ EX MACHINA ☆ 【BD】

画像


 第88回アカデミー賞視覚効果賞を受賞した2015年のSF映画。現在日本で発売されているのはブルーレイ+DVDのセットで3,122円だが、日本語字幕の入ったリージョンオールのインポート版はAmazonで2,780円だったので迷わず後者を購入した。

 IT企業ブルーブックで働くプログラマーのケイレブ(ドーナル・グリーソン)は、社内抽選で当選し、社長ネイサン(オスカー・アイザック)の別荘に招待される。厳重なセキュリティに守られた別荘はAI(人工知能)の研究施設であり、ケイレブはそこで人工知能エヴァ(アリシア・ヴィキャンデル)のチューリングテストを行うことになる。エヴァは顔や手足以外は機械の内部構造が露わな姿をしているが、ブルーブックの検索エンジンをソフトウエアに使うことで人間同様の言語能力を有しており、ケイレブは次第に彼女に惹かれていく。

 エヴァ役のアリシア・ヴィキャンデルはスウェーデン出身、ケイレブ役のドーナル・グリーソンはアイルランド出身、ネイサン役のオスカー・アイザックはグアテマラ出身と多国籍のキャストだが、アリシアとドーナルは2012年の「アンナ・カレーニナ」で共演しており、アリシアは「コードネームU.N.C.L.E.」、ドーナルも「ハリー・ポッター」シリーズ、オスカーはドーナルとともに「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」、にも出ているので、意外に安定感のある布陣。登場人物は他に日本人メイドのキョウコを演じたバレリーナのソノヤ・ミズノくらいで、閉鎖された空間で物語は進んでいくが、緊張感を保ちながら先を読ませない展開はなかなか面白い。また、検索エンジンをソフトウエアに利用したAIという設定はグーグルを連想させて興味深いし、発達したAIと人間の関係というテーマは奥深いものがある。

 2013年には「her/世界でひとつの彼女」という人工知能型OSに恋をする男の映画があったが、こちらは「ブレードランナー」や「プロメテウス」に近いガチのSF映画になっている。奇をてらったり、欲張ってあれこれ詰め込んだりしなかったため、新鮮な驚きこそないものの、最新古典的なSF映画になったといえるのではないだろうか。

 そしてこの作品のもう一つの魅力はアリシア・ヴィキャンデルが演じたAIのエヴァにある。あるときは無機質に、あるときは人間的に、セクシーな魅力を発揮している。「ブレードランナー」のショーン・ヤングに代わるSF映画を代表する女性キャラクターになるかもしれない。しかし、最後に人工皮膚を身にまとったエヴァがあまりに人間らしくなってしまったところは残念だった。

作品データ
監督:アレックス・ガーランド 出演:アリシア・ヴィキャンデル、ドーナル・グリーソン他
製作年:2015年 製作国:イギリス


エクス・マキナ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2016-11-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エクス・マキナ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



次はこれ買う!


ゴーストバスターズ(初回生産限定) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2016-12-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴーストバスターズ(初回生産限定) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック