正義は二の次 13時間

13時間 ベンガジの秘密の兵士 13Hours:The Secret Soldiers of Benghazi  【iTunes】

画像


 2012年にリビアのベンガジで起きたアメリカ領事館襲撃事件を「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイ監督が2016年に映画化。日本では劇場公開されていない。

 カダフィ政権崩壊後の2012年、アメリカ大使がリビアのベンガジを訪れる。大使はリビア人部隊に守られていたが、11年前にアメリカ同時多発テロが起きた9月11日の夜、イスラム武装集団が領事館を襲撃し、大使たちは領事館に閉じ込められてしまう。現地CIAの護衛を務めていたG.R.S.(民間軍事請負業者のチーム)は領事館が攻撃されたことを知るが、軍事組織の駐在は伏せられているために救出に向かうことができない。命令に背いて領事館に入ったG.R.S.は、四方を武装集団に囲まれた領事館から大使を救出しようと奮闘する。

 マイケル・ベイ監督にしては意外にマジメに作っているという印象。ロボットが出てくるわけでもなく、超常現象が起きるわけでもない。もちろん、戦闘シーンは大迫力だが、同じ戦争映画の「パール・ハーバー」に比べても全体的に地味な感じがする。 しかし、実際に起こった事件を基にしているだけに物語の説得力は十分で、見ているうちにぐいぐい引き込まれていった。目の前にいる同胞のために戦う姿を描き、あえて「アメリカの正義」を語ろうとしなかった点も(外国人である日本人の立場からすると)評価できる。逆にこの点がマイケル・ベイ監督作品にしては興行収入がふるわなかった要因なのかもしれない。

 キャストは様々な作品に脇役として主演している俳優たちで、スター級の俳優はいない。そのせいか、登場人物が多いわけではないのに誰が誰なのかよくわからないまま物語が進んでいく。しかし、この作品で重要なのはシチュエーションであって、人物ではないので全く問題ない。宗教や民族、主義・主張が入り交じる混沌とした現代において、戦争を描くとすればこのような作品になるのかもしれない。

作品データ
監督:マイケル・ベイ 出演:ジョン・クラシンスキー、ジェームズ・バッジ・デール他
製作年:2016年 製作国:アメリカ





次はこれ買う!


高慢と偏見とゾンビ [Blu-ray]
ギャガ
2017-04-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 高慢と偏見とゾンビ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック