たけし軍団の影 失恋殺人

失恋殺人 【Amazonプライム】

画像


 江戸川乱歩没後50周年記念で製作されたエロティック・サスペンス3部作の第1作。原作は明智小五郎が初めて登場する短編小説「妻に失恋した男」で、不倫の末の殺人事件に明智小五郎と妻の文代が遭遇する。このあと作られた「D坂の殺人事件」と「屋根裏の散歩者」は Blu-ray で購入したが、この作品はタダだったので Amazonプライム で鑑賞した。

 資産家の南田収一(柳憂怜)の妻みや子(宮地真緒)と不倫関係にある歯科医の琴浦(大浦龍宇一)は、妻への疑念を収一から聞かされ、不倫関係が収一にばれていないかと探偵の明智小五郎(草野康太)にみや子の素行調査を依頼する。明智に代わって調査を行った文代(星野真里)は、収一とみや子の微妙な夫婦関係に不審を抱くが、浮気の証拠は掴めない。しかし、不倫関係は収一に知られることになり、そのことに気づいた琴浦は収一に殺意を抱く。

 「D坂の殺人事件」と「屋根裏の散歩者」を持っている以上、第1作を見ないわけにはいかないと思って鑑賞したが、宮地真緒のヌード以外の見所はないと言っていい。南田収一の拳銃自殺の真相を解き明かすストーリーにすれば江戸川乱歩らしい推理サスペンスになったのかもしれないが、映画はみや子と琴浦の不倫から始まり、最後になって収一が琴浦によって殺される展開。みや子を偏愛する収一の怖さはある程度描かれているものの、結果的に単なるドロドロの不倫劇で終わってしまう。これでは明智小五郎夫妻の出番は全くない。この作品と比較すると、「D坂の殺人事件」と「屋根裏の散歩者」も物足りないなりに、推理サスペンスっぽくなっていたと改めて思い直すことになった。また、これはある一定の年齢以上の者が抱く感想なのだろうだが、収一を演じた柳憂怜に違和感があるのだ。中田秀夫作品でも怪しい役柄を好演しているとはいえ、私にとってはたけし軍団のイメージが強すぎて素直に演技を受け入れられなかった。
 
作品データ
監督:窪田雅治 出演:宮地真緒、柳憂怜、大浦龍宇一他
製作年:2010年 製作国:日本


失恋殺人(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [Blu-ray]
キングレコード
2016-08-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 失恋殺人(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



次はこれ買う!


COME ALONG 3
ワーナーミュージック・ジャパン
2017-08-02
山下達郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by COME ALONG 3 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック