なるほど巧い 君の名は。

君の名は。 your name. ☆ 【BD】

画像


 新海誠監督によるアニメーション映画で、2016年邦画最大のヒット作。国内興行成績は邦画歴代2位、海外興行も邦画としては史上最高を記録したという。遅ればせながらブルーレイで鑑賞した。

 東京に暮らす高校生の立花瀧(声:神木隆之介)は、しばしば飛騨地方に住む女子高生の宮水三葉(上白石萌音)になって1日を過ごす夢を見ていた。周囲の反応から現実に自分たちが入れ替わっていることに気づいた瀧と三葉は、入れ替わっている間のルールを決め、互いに記録を残しながら奇妙な入れ替わり生活を楽しんでいた。しかし、ある日を境に入れ替わりが起こらなくなり、喪失感を抱えた瀧は友人の司や先輩の奥寺と飛騨地方に向かい、三葉を探す。記憶の中の風景を探すうちに、隕石落下で3年前に消滅した糸守村に三葉が暮らし、三葉たちも犠牲になっていることを知る。

 大ヒットを記録し、各方面から大絶賛されているのでいまさら感想を書くことも気が引けるが、確かに細部まで計算され尽くした、よくできた作品である。ある意味、「あざとさ」も感じられるが、この絶妙なバランスが老若男女に受け入れられたのだろう。アニメーションであることも最大限に活かされ、エンディングも万人が望む結果に落ち着いている。

 しかし、発想そのものは目新しいものではなく、亡くなったはずの人や過去と現代が結びついて物語が進む作品は少なくない。ぱっと思い浮かぶのは韓国映画の「イルマーレ」だが、「イルマーレ」ではポストの手紙が時空を超えて男女を結びつけ、男性の死を回避するために女性が奔走する。ある日突然運命の相手が目の前に現れ、激しい恋に落ちるという幻想を誰もが持っていて、そういう都合のいい願望をうまく刺激するのがこの手のストーリーなのだ。しかし、個人的には、不可解な経験は不可解なままで終わらせて欲しかったような気もする。もし、瀧や三葉たちの努力も空しく、糸守村の人々が救われることなく、三葉と瀧の再会が叶わないとしたら、この作品の評価は下がるのだろうか。

 蛇足。作品そのものの評価とは関係ないが、台詞の聞き取りづらい日本映画が多い中、ブルーレイにちゃんと日本語字幕がついているところは嬉しかった。

作品データ
監督:新海誠 声の出演:神木隆之介、上白石萌音他
製作年:2016年 製作国:日本

 
「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション
東宝
2017-07-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



次はこれ買う!


誘拐捜査 [DVD]
マクザム
2017-05-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 誘拐捜査 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック