ジャック・スパロウは脇役 最後の海賊

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 Pirates of the Caribbean: Dead men tell no tales 【iTunes】

画像


 「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの5作目。ジャック・スパロウはもちろん、ひさびさにオーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイも顔を出すが、彼らの息子がジャックとともに活躍し、世代交代を感じさせる作品になっている。

 父ウィル(オーランド・ブルーム)の呪いを解くため、息子ヘンリー(ブレントン・スウェイツ)は、ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)を探していた。英国軍の船に乗っていたヘンリーは、魔の三角海域でジャックに恨みを持つスペイン人将校サラザールの亡霊と出会い、ジャックへの伝言を託される。サラザールは、部下の亡霊を率いてジャックへの復讐を果たそうとしていた。ヘンリーと出会ったジャックは、サラザールの復讐から逃れるために、伝説の秘宝「ポセイドンの槍」を手に入れようと、ヘンリーや女性天文学者のカリーナ(カヤ・スコデラリオ)たちとともに蘇ったブラック・パール号で冒険の航海に出る。

 5作目を作る必然性も、5作目を見る必然性もあまり感じられないまま iPod で観賞。大画面テレビで見るとまた違った印象を受けたのかもしれないが、前作までのドキドキわくわく感はそれほどない。おそらく、ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウから「ポセイドンの槍」を探さねばならない切迫感が伝わってこないせいかもしれない。もっとも、主人公はジャックではなく、ウィル・ターナーの息子ヘンリーなので、それは仕方のないこと。考えてみれば、ジャック・スパロウは、「アリス・イン・ワンダーランド」のマッドハッター同様、狂言回し的な存在なのだ。しかし、ジャックがもっとハチャメチャに物語をかき回してくれると面白さも倍増したに違いない。オーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイが最後に顔を揃えたのは嬉しかったが、ヘンリーとカリーナの新シリーズに移行するためのエンディングだったのだろうか。

作品データ
監督:ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドリム
出演:ジョニー・デップ、ブレントン・スウェイツ、カヤ・スコデラリオ他
製作年:2017年 製作国:アメリカ





次はこれ買う!


ファーストキス [DVD]
イレブンアーツ
2013-09-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ファーストキス [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック