案山子庵(かかしあん) KAKASHI-AN

アクセスカウンタ

zoom RSS これも鉄板 若さは向こう見ず

<<   作成日時 : 2017/11/05 17:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

若さは向こう見ず yeh JAWAANI hai DEEWANI ☆ 【DVD】

画像


 本国で2013年の興行収入第4位を記録し、アメリカでは興行ランキング初登場9位に入ったというインドの恋愛映画。「恋する輪廻」のヒロイン、ディーピカー・パードゥコーンが出演しているということで、「pk」とともにひさびさに購入したインド映画である。

 医学生のネイナー(ディーピカー・パードゥコーン)は高校時代から成績優秀だったが、友達もおらず両親に言われるがままの満たされない生活を送っていた。ある日、高校時代のクラスメイトのアーディティ(カルキ・コーチリン)に誘われ、避暑地マナリのトレッキングに参加することになる。同級生だったバニー(ランビール・カブール)やアヴィ(アーディティヤ・ローイ・カブール)、アーディティたちと過ごした数日間は引っ込み思案だったネイナーを変える。バニーに好意を抱いたネイナーだったが、世界を旅することを夢見るバニーはアメリカに留学することになる。そして8年の歳月が流れ、彼らはアーディティの結婚式で再会する。

 何度もこのブログに書いていることだが、エンターテイメントの要素全てが詰まったインド映画にはいつも感心させられる。この作品も恋、友情、親子の絆、夢、故郷など人生のあらゆるテーマが込められ、しかも華やかな映像と音楽に彩られている。本編161分と2時間を超えていても、それらがバランスよく配置されているので思ったほど長さを感じさせない。むしろインターミッションを終えて後半に入ると、作品を見終えるのが惜しくなるほどの楽しさや切なさがあった。これまでに見た多くのインド映画はいずれもエンターテイメントとしての水準が高く、どれをとってもオススメなのだが、この作品も今年鑑賞した作品の上位にランクインすることは必至。

 「恋する輪廻」で注目を浴びたヒロインのディーピカー・パードゥコーンは、いまや押しも押されもしない大スター。インドの女優はある程度キャリアを積むと豊満で妖艶な魅力でアピールするようになるが、彼女はいまだにフレッシュさを失っていない。キャリアも10年に満たないものの、お堅い女子大生と成長した大人の女性を見事に演じ分けていた(メガネ姿はアンジェラ・アキにちょっと似ている)。これだけ華があり、演技も巧みであれば「トリプルX:再起動」でのハリウッド進出も納得。これからまだまだ彼女の作品を見てみたいと思わせる。

 アーミル・カーンの「pk」に続いてインド映画を鑑賞したが、やはり映画大国インドの作品は侮れない。
 
作品データ
監督:アヤーン・ムケルジー 出演:ランビール・カブール、ディーピカー・パードゥコーン他
製作年:2014年 製作国:インド





次はこれ買う!


スパイダーマン:ホームカミング IN 3D(初回生産限定) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2017-12-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スパイダーマン:ホームカミング IN 3D(初回生産限定) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これも鉄板 若さは向こう見ず 案山子庵(かかしあん) KAKASHI-AN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる