J・アルバの魅力 イントゥ・ザ・ブルー

イントゥ・ザ・ブルー Into the Blue ☆ 【BD】

画像


 いまは亡きポール・ウォーカーと「シン・シティ」「ファンタスティック・フォー」で絶頂期にあったジェシカ・アルバが共演した2005年の海洋アクション映画。Amazonプライムの会員特典で前半の30分を見たのだが、そのあと見放題が終了してしまったので、Blu-rayを購入して続きを鑑賞した。

 カリブ海で観光ダイバーとして働いているジャレッド(ポール・ウォーカー)は、恋人のサム(ジェシカ・アルバ)と暮らしながら一攫千金を夢見て沈没船の財宝を探していた。友人のブライス(スコット・カーン)や彼の友人アマンダ(アシュレイ・スコット)とダイビングを楽しんでいたジャレッドは、沈没船の遺留品とともに、大量のコカインを積んだ墜落機を発見する。沈没船の財宝の所有権を得るためには最初に船名などの証拠を手に入れる必要があるため、しばらく墜落機のことは伏せて財宝を引き上げることにするが、引き上げに必要な資金を手に入れるためにブライスはコカインに手を出してしまう。

 暇つぶしのつもりでAmazonプライムからこの作品をダウンロードしたものの、見ている途中で見放題が終了してしまい、どうしても続きを見ないわけにはいかなくなってしまった。もともとジェシカ・アルバのファンであり、ジェシカ・アルバの魅力とカリブ海の美しい映像が期待以上だったので躊躇なく購入。AmazonではBlu-rayが一時的に品切れになっており、見終えるまでに約1ヶ月を費やしてしまったが、927円で入手できたことを思えばコスパもなかなか。ストーリーはこのテの作品にありがちな、ちょっとお粗末な友人のために道を外れてトラブルに見舞われるパターン。葛藤しながら流されるポール・ウォーカーと、毅然として正しい道を進もうとするジェシカ・アルバもイメージにぴったりの役柄で、予想を超えることはないとはいえ、決して不満を感じさせる作品ではなかった。カリブ海を舞台にしているのでジェシカ・アルバの水着姿が多いが、例によって露出は控え目。それでも、20代前半のジェシカ・アルバの美しさが記録されているという点でファン必携の一作である。10年以上前の作品だが、2017年はこの作品で鑑賞納めとする。

作品データ
監督:ジョン・ストックウェル 出演:ポール・ウォーカー、ジェシカ・アルバ他
製作年:2005年 製作国:アメリカ


イントゥ・ザ・ブルー [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2014-10-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by イントゥ・ザ・ブルー [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック