J・ローレンス大健闘 レッド・スパロー

レッド・スパロー RED SPARROW ☆ 【BD】

画像


 「ハンガー・ゲーム」シリーズでタッグを組んだジェニファー・ローレンスとフランシス・ローレンス監督による2018年のスパイ映画。 同じ「ローレンス」ではあるが、この2人は血縁関係ではないらしい。

 ドミニカ(ジェニファー・ローレンス)はロシアで将来を嘱望されるバレリーナだったが、公演中の事故により左脚を負傷し、バレリーナの道を断たれてしまう。母親の面倒を見なければならない彼女に救いの手を差しのべたのはロシア情報庁の高官である叔父のワーニャ(マティアス・スーナールツ)だった。ワーニャによりスパイ養成学校に送られたドミニカは、スパイとしてのスキルを身に付け、CIAのネイト・ナッシュ(ジョエル・エドガートン)への接触を命じられる。

 ジェニファー・ローレンス主演の「エロティック・サスペンス」として売り出していたが、「サスペンス」の部分はともかく、「エロティック」の部分では期待外れ。ジェニファー・ローレンスがそれまでのイメージから脱皮して大健闘しているのはわかるが、主演を彼女が務める必然性が感じられない。原作がしっかりしているので十二分に楽しめるものの、このテのストーリーにはありがちな展開であることも確か。もしかすると主演がジェニファー・ローレンスでない方が評価は高かったかもしれない。

 ジェニファー・ローレンス以上に印象に残ったのはスパイ養成学校の教官を演じたシャーロット・ランプリング。かつては「愛の嵐」や「マックス・モン・アムール」など妖艶さで見る者を魅了したが、近年では無機質な存在感を発揮している作品が多い。

作品データ
監督:フランシス・ローレンス 出演:ジェニファー・ローレンス、ジョエル・エドガートン他
製作年:2018年 製作国:アメリカ


レッド・スパロー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2019-01-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



次はこれ買う!


特捜部Q カルテ番号64 [DVD]
TCエンタテインメント
2019-05-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック