ファンタジー仕立てのミステリ ライズ・オブ・シードラゴン

ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪 狄仁杰之神都龍王/YOUNG DETECTIVE DEE: RISE OF THE SEA DRAGON ☆ 【BD】

rise of the sea dragon.jpg

 アンディ・ラウが主演した2010年の「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」の前日譚。ディー・レンチェはアンディ・ラウではなくマーク・チャオが、シャトーはレオン・カーフェイに代わってケニー・リンが演じているが、則天武后はカリーナ・ラウが続投するなど同一の世界観で物語が進む。

 西暦665年、唐朝第3代皇帝の高宗と皇后の則天武后(カリーナ・ラウ)は、扶余の国に派兵した10万の大艦隊が海上で壊滅した真相究明を大理寺の長官ユーチ(ウィリアム・フォン)に命じる。人々は海神・龍王のしわざと噂し、洛陽の都で第一の美しさを誇る花魁のイン(アンジェラ・ベイビー)を龍王廟に生贄として捧げることになるが、新たに大理寺に赴任したディー・レンチェ(マーク・チャオ)は、インを誘拐しようと企む賊の存在に気づく。龍王廟で賊を撃退したディーは、突如水中から現れてインを奪おうとした謎の怪物を追う。


 最近の中国映画が得意としている豪華絢爛なCGを駆使したファンタジー作品かと思ったが、「中国版シャーロック・ホームズ」と言われる判事ディーのキャラクターを生かすために、それほど荒唐無稽な展開にはしていない。海神・龍王や半漁人も説明がつくようになっているし、ワイヤーアクションなど伝統的な武侠映画の流れも継承し、大風呂敷を広げても物語が大きく破綻することもない。マーク・チャオが演じるディーと、ウィリアム・フォン演じるユーチのキャラクターも競合することなく、それぞれしっかり存在感を発揮している。アンディ・ラウら大スターの存在感を借りなくても十分に楽しむことができたのは、キャストも含めた作品そのもののクオリティの高さと言っていいだろう。

 ちなみに「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」に登場したクリーチャーより、この作品の巨大エイの方がモンスターにふさわしい迫力があったような気がする。

作品データ
監督:ツイ・ハーク 出演:マーク・チャオ、ウィリアム・フォン、アンジェラ・ベイビー他
製作年:2013年 製作国:中国・香港

ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

次はこれ買う!

X-ファイル:真実を求めて (ディレクターズ・カット) [Blu-ray]
X-ファイル:真実を求めて (ディレクターズ・カット) [Blu-ray]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント