フューリー長官VSプロフェッサーX ミスター・ガラス

ミスター・ガラス GLASS ☆ 【BD】

glass.jpg

 「アンブレイカブル」(2000年)、「スプリット」(2016年)と続いたM・ナイト・シャマラン監督の3部作の完結編。ブルース・ウィリス、ジェームズ・マカヴォイ、サミュエル・L・ジャクソンの3人がついに顔を揃える。

 不死身の肉体と犯罪者を察知する能力を持つデヴィッド(ブルース・ウィリス)は、息子のジョセフ(スペンサー・トリート・クラーク)のバックアップを得ながら街の犯罪者をこらしめ、「監視人」と呼ばれていた。連続誘拐犯を捜査していたデヴィッドは、女子高生4人を監禁していたケビン(ジェームズ・マカヴォイ)の別人格ヘドウィグと接触し、彼の犯行であることに気づく。倉庫に監禁された女子高生を救ったデヴィッドは、驚異的な身体能力と強靱な肉体を持つケビンの別人格ビーストと対決するが、2人は警察に逮捕され、精神病院に収容されてしまう。病院にはイライジャ(サミュエル・L・ジャクソン)も入院しており、精神科医のエリー(サラ・ポールソン)が彼ら3人の超人妄想を治療しようしていた。

 公開後の評価はそれほど高くもなかったようだが、私の場合は「アンブレイカブル」「スプリット」「ミスター・ガラス」と一気に鑑賞したので非常に面白かった。アメコミは歴史の裏面を描いているという主張はともかくとして、このシリーズの登場人物のようなヒーローは実在するのかもしれないと思わせるぎりぎりのところで物語が作られている。だからこそ、この3作目で精神科医が彼らの妄想を打ち消そうとすることにも説得力が出てくるのだ。「火事場の馬鹿力」というように自己暗示や催眠術などによってふだんはできないことができてしまうということはよく知られているし、それはそれでふだんの「能力」を超えているのだから「超能力」といって差し支えないはず。そして、「超能力」を日常のレベルに引きずり下ろして決着させるのかと思いきや、(やや説明不足ながら)最後のどんでん返しも決して悪くない。

 3人の主演俳優は言うに及ばず、20年近い歳月をかけて作られただけに脇役の存在感も侮れない。ヒロインのアニャ・テイラー=ジョイはますます魅力的だし、「アンブレイカブル」でブルース・ウィリスの息子役を演じたスペンサー・トリート・クラークが19年後にも同じ役を演じているのも嬉しい。さらにサミュエル・L・ジャクソンの母親役のシャーレイン・ウッダードも再登板で、後半は彼らが物語の中心になってくる。6時間に及ぶ1本の作品だと考えれば、脇役も含めて主要キャストを続投させるということは非常に大切なことなのだ。

 蛇足ではあるが、アメコミの世界をテーマにしたこの3部作で、マーベル・コミックから映画化されたX-MENを率いるプロフェッサーXと、アベンジャーズを率いるフューリー長官が共演しているというのも(シャマラン監督もそれを狙ってキャスティングしたわけではないだろうが)なかなか興味深い。未見の場合は、3部作を一気に鑑賞することをお勧めしたい。

作品データ
監督:M・ナイト・シャマラン 出演・ジェームズ・マカヴォイ、ブルース・ウィリス他
製作年:2019年 製作国:アメリカ

ミスター・ガラス [Blu-ray]
ミスター・ガラス [Blu-ray]

次はこれ買う!

アナイアレイション-全滅領域- [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
アナイアレイション-全滅領域- [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント