連ドラ感覚MCU ファー・フロム・ホーム

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム Spider-Man: Far From Home ☆ 【UHD】

farfromhome.jpg

 2017年の「スパイダーマン:ホームカミング」に続き、トム・ホランドがピーター・パーカーを演じた再リブートシリーズの2作目。「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」では、「アベンジャーズ/エンドゲーム」後の物語となっている。

 ピーター・パーカー(トム・ホランド)のもとにニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)から連絡が入る。フューリーはメキシコの町を襲った謎の巨人=エレメンタルズに対抗するためにスパイダーマンの協力を得ようとしていたが、夏休みのヨーロッパ研修旅行を楽しみにしていたピーターは、彼の呼び出しを無視して最初の旅行地ヴェネツィアへ向かう。しかし、ヴェネツィアに着いたピーターたちは、突如現れた水の巨人に襲われる。スパイダースーツがないため苦戦するピーターを救ったのは、マルチバース「アース833」から来たクエンティン・ベック=ミステリオ(ジェイク・ギエンホール)だった。

 「スパイダーマン」の新作を見るというよりも、「アベンジャーズ/エンドゲーム」の続きを見るという感覚で鑑賞。MCUの作品は単独で見ても面白いが、ここまで続けて見ているともはや連続ドラマを見ているようなものである。トニー・スターク=アイアンマンたちアベンジャーズの大部分を失ったことは寂しいが、トニーの遺志はピーターに受け継がれる設定になっているし、ニック・フューリーやマリア・ヒル、ハッピー・ホーガンらと再会し、「キャプテン・マーベル」のタロスまで出てきたのは嬉しかった。

 アベンジャーズの後継者としてのピーターの葛藤などが描かれてはいるものの、基本的に明るい雰囲気で物語が進んでいくところがいい。ミッドタウン高校の仲間たちのやりとりも楽しく、MJ(ゼンデイヤ)も前作に比べるとだいぶ親しみやすくなり、ピーターとの恋が成就するのも嬉しい。また、今回の敵が実は生身の人間で、サノスのように絶望的に強い相手ではないという点もメリハリが効いてよかった。

 エンド・クレジットでは次作へのヒントが示されるが、ピーターたちはいきなり厳しい状況に追い込まれるらしい。実際にディープフェイクなどによるフェイクニュースで世の中が動く時代になってしまったが、ぜひとも作品の中で私たちが現実に感じているモヤモヤをスッキリさせてほしいものだ。

作品データ
監督:ジョン・ワッツ 出演:トム・ホランド、サミュエル・L・ジャクソン、ジェイク・ギレンホール他
製作年:2019年 製作国:アメリカ

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム 4K ULTRA HD & ブルーレイセット(初回生産限定) [4K ULTRA HD + Blu-ray]
スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム 4K ULTRA HD & ブルーレイセット(初回生産限定) [4K ULTRA HD + Blu-ray]

次はこれ買う!

ジェミニマン 4K Ultra HD+ブルーレイ[4K ULTRA HD + Blu-ray]
ジェミニマン 4K Ultra HD+ブルーレイ[4K ULTRA HD + Blu-ray]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント