ユル~いサバイバル・アクション EXIT

EXIT イグジット ☆ 【BD】

exit.jpg

 「スパイダーマン」や「ミッション:インポッシブル」「ダイ・ハード」などという非常に魅力的な宣伝文句が並ぶ、高層ビルからの脱出を描いた2019年の韓国のサバイバル・アクション映画。

 大学の山岳部で活躍したヨンナム(チョ・ジョンソク)は、就職に失敗して実家で肩身の狭い思いをしながら暮らしていた。高層ビルの宴会場で行われた母親の喜寿祝いのパーティで、副店長を務める大学の後輩ウィジュ(ユナ)と再会したヨンナムは、見栄を張って一流企業に勤めていると嘘をついてしまう。その頃、都心では有毒ガスによるテロが発生し、ヨンナムたちのビルにもガスが迫る。ボルダリングのスキルで屋上へと家族たちを避難させたヨンナムだったが、救助ヘリの定員がいっぱいになり、ウィジュと2人でビルの屋上に残ることになる。

 設定がハードな割に韓国映画らしい「ゴツゴツ」した感触がなく、戸惑いながら鑑賞。「スパイダーマン」「ミッション:インポッシブル」「ダイ・ハード」などという宣伝文句を目にして Blu-ray で購入したのだが、主人公のヨンナムに感情移入するまでに時間がかかってしまった。自己肯定感の低い主人公が自己のスキルを生かして家族を救い、自信を得るという成長物語なのだが、トム・ホランド演じるピーター・パーカーに比べても、ヨンナムはどっちつかずの中途半端なキャラ。後輩ウィジュも決断は早いが、決してスーパーウーマンではない。これまで見てきたサバイバル・アクションに比べると、2人の主人公は「ふつう」過ぎるのだ。

 しかし、キャスティングのねらいは、この「ふつう」にあったのに違いない。取り残された2人はビルからビルへと飛び移り、何とか救助ヘリに迎えにきてもらえることになるのだが、向かいのビルに取り残された子供たちに気づき、彼らを優先させることで再び絶望的な状況に陥る。このときの、2人がぼろぼろと涙を流しながら泣き言を述べるシーンがやけに泣けるのだ。もし主人公たちがイーサン・ハントやジョン・マクレーンのようにタフだったら、ここでは泣けなかった。2人を「ふつう」のキャラにしていたからこそ、そこまで見てきて共感できたのだ。

 就職浪人の主人公を演じたチョ・ジョンソクは30代後半だというから「若手俳優」とはいえないが、もう1人の主演の少女時代のイム・ユナとのからみは、いわゆる「アイドル映画」を見ているような爽やかさとユルさがあり、居心地が悪い一方で、結果的にそれもいい味付けになっていた。

作品データ
監督:イ・サングン 出演:チョ・ジョンソク、ユナ他
製作年:2018年 製作国:韓国

EXIT [Blu-ray] - チョ・ジョンソク, ユナ, コ・ドゥシム, パク・インファン, キム・ジヨン
EXIT [Blu-ray] - チョ・ジョンソク, ユナ, コ・ドゥシム, パク・インファン, キム・ジヨン

次はこれ買う!

ヘッド・ショット [Blu-ray] - イコ・ウワイス, チェルシー・イスラン, サニー・パン, ジュリー・エステル, 後藤洋央紀, モー・ブラザーズ
ヘッド・ショット [Blu-ray] - イコ・ウワイス, チェルシー・イスラン, サニー・パン, ジュリー・エステル, 後藤洋央紀, モー・ブラザーズ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント