なるほど、パッチギ!

パッチギ!

画像


 井筒監督の「パッチギ!」を見た。なるほど、さすがはキネ旬の2005年日本映画1位の作品である(もっとも、キネ旬のベスト10も近年は大衆化してきたような印象を受けるが)。私より1世代前の時代が舞台だが、懐かしい雰囲気がいっぱいだった。
 「在日」問題への突っ込みが浅いという評もあるが、映画の中で解決できる問題ではないので仕方のないこと。葬式の場面でも現実のみを見る側に突きつけ、答えは自分自身で見つけろ、ということなのだろう。フォークルをはじめとした劇中音楽もばっちりで、見事な「青春映画」となっている。
 甘いなあ、とは思いつつ、こういう映画は大好き。
パッチギ ! スタンダード・エディション
パッチギ ! スタンダード・エディション [DVD]

"なるほど、パッチギ!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント