室井滋のいない「猫が好き」

かもめ食堂
画像

 「やっぱり猫が好き」は学生時代に好きだったドラマの一つで、DVDを全部揃えようとまでは思わなかったが、BOXセットを1シリーズだけ持っている。現在の三谷幸喜の活躍ぶりを考えれば脚本も優れていたのだろうし、何といっても小林聡美、もたいまさこ、室井滋という、どう見ても姉妹には見えない3人組が良かった。いまでも見るともなく見るにはちょうどいい、何となくゆったりした気分になれる作品なのである。
 その小林聡美ともたいまさこが出ているとなれば見ないわけにはいかない。朝日新聞の映画評にも好意的な評価が載っていたとなればなおさら。たぶん、この作品を見た人、買った人の多くは「やっぱり猫が好き」のイメージを重ねて見たに違いない。しかし、いい意味で期待は裏切られる。もたいまさこの落ち着きぶりは「かやの姉ちゃん」だが、「きみちゃん」の小林聡美は決して暴走しない。この作品ではどっしり構えて何とも言えない包容力で作品全体を包み込んでいる。ドラマチックなストーリーもないし、起承転結(特に結)もないのだが、とてもいい気持ちにさせてくれる作品である。きっと誰もがフィンランドに行ってみたいと思うのだろう。日テレだから意地でも室井滋をキャスティングするはずはないのだが、片桐はいりで大正解だったと思う。
かもめ食堂
かもめ食堂 [DVD]

"室井滋のいない「猫が好き」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント