安倍政権の末路を予言!?

日本以外全部沈没
画像

 昭和版「日本沈没」の次は平成版「日本沈没」ではなく、パロディの「日本以外全部沈没」である。筒井康隆の原作は20年以上前に確かに読んでいるが、細部はすっかり忘れてしまっていた。とはいえ、小松左京の「日本沈没」も当然読んでいたので発想の面白さと筒井康隆ならではのドタバタに感心した記憶はある。その原作についてはもう一度読み返してみないことには何とも言えないので、とりあえずは映画の感想。
 思っていたほどはパロディが効いていなかったというのが正直な感想。特別出演のようなものではあるが、藤岡弘を狂言回しに使いたかった。総理大臣の丹波哲郎や田所博士の小林桂樹の出演は不可能にしても、前半の一部の台詞だけではなく、もっとベタに昭和版「日本沈没」を意識して欲しかった。あえてチープな作りにしたのだろうが、日本人俳優はそれなりに金をかけていそうだし、特撮だって安くはないはず。さらに外国人俳優に金をかけてもう少しそっくりさんを揃えて彼らが言いそうな台詞を言わせたら、きっと外国でも物議をかもす作品になったのではないだろうか。
 単なるパロディといってしまえばそれまではあるが、閉鎖性や差別意識、愛国心などに対する諷刺は効いているし、後半の村野武範や藤岡弘の台詞を聞いていると、どこかで聞いたことがある台詞に思えてくる。決して安倍政権の誕生を見越して作られたわけではないだろうが、多くの日本人にとって日本は「美しい国」でなければならないのだろう、などと考えながら見ていた。
日本以外全部沈没
日本以外全部沈没 [DVD]

"安倍政権の末路を予言!?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント