先手必勝!? 硫黄島2部作

硫黄島からの手紙 Letters from Iwo Jima
画像

 アメリカ人であるC..イーストウッド監督が、このような「日本映画」を作り上げたことに驚かざるを得ない。スタッフに日本人が参加していたとはいえ、外国人の視点をほとんど感じさせず、外国人が描いた日本人にありがちな違和感がほとんどない。「父親たちの星条旗」と比べると特にはっきりするが、「浪花節」とでも言うべき日本人の「情」の部分もよく出ている。
 ところが、最初に「父親たちの星条旗」を見てしまうとあまりにウエットな印象が強く、たとえばさだまさしや谷村新司、長渕剛の歌がバックに流れてきてもおかしくないような気がしてくる。また、日本は敗れるべくして敗れたとアメリカ側が思っているということがよくわかった。
 「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」が裏表の関係になる展開も巧みで、敵味方関係なく、C..イーストウッド監督の人間に対する愛情もかいま見える。キャストでは渡辺謙や伊原剛志がカッコいい、中村獅童はいつものキャラクターを熱演、二宮和也の評判は高かったが、設定された年齢がいまひとつつかめなかった。たぶん、「硫黄島からの手紙」を最初に見ていれば「父親たちの星条旗」よりも感動が大きかったに違いない。

硫黄島からの手紙 期間限定版
硫黄島からの手紙 期間限定版 [DVD]

"先手必勝!? 硫黄島2部作" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント