展開が読める 変身

変身
画像

 東野圭吾の原作は読んでいないので映画を見ての感想になるのだが、2時間足らずの映画の中に盛り込むにはあまりに多くの要素がありすぎたように思う。小説では巧みに組み立てられていたであろう仕掛けが、制約のある映画の中では見え見えなのだ。ドナーの正体や主人公が選んだ結末も早い段階で予想がつく。テーマや設定自体は決して意外なものではないので、小説では原作者の構成力と読者の想像力で膨らませることができた世界が、映画では薄っぺらなものになってしまうのは仕方のないことなのかもしれない。
 主人公・純一の「変身」のスピードが速すぎて当人の不安や葛藤が伝わらず、恋人・恵の戸惑いも共感するまでには至らない。宣伝文句の「加速度的」という語句が看板に偽りなしなのだ。ジワジワと自分が変わっていく恐怖を描くにはテレビの連続ドラマの方が向いていたのかもしれない。
 蒼井優は熱演だが、「フラガール」ほどの魅力が感じられなかったのは残念。
変身
変身 [DVD]

"展開が読める 変身" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント