ラーメンの何たるか ラーメンガール

ラーメンガール The Ramen Girl
画像

 着想もキャストも悪くないのだが、肝心の「ラーメン」を描ききっていないところに問題がありそう。傷心のアビーが一杯のラーメンに癒され、ラーメン作りを志すところまではともかく、ラーメンそのものについては精神論に留まり、技術論をないがしろにしてしまった。分かりやすく言うとラーメンである必然性が薄いということになる。日本のラーメンが好きな外国人は少なくないはずだが、ラーメンの実体をあえて見ず、ストレートに本質に迫ろうと焦ってしまったような気がする。肉体あってこその「魂」なのに。
 脚本のベッカ・トボルは伊丹十三の「タンポポ」のファンだというが、それならなぜラーメンを完成させるまでのプロセスを省いてしまったのだろうか。それがハリウッド映画というものであるならば、この作品は失敗だったことになる。ラーメンを理解している日本のスタッフが同じテーマを撮ったならば、もう少し深みのあるストーリーになったはずだし、後半のラーメン勝負もさらに盛り上がったはず。多少でも「包丁人味平」や「美味しんぼ」のような料理マンガのエッセンスが欲しかった。日本人自身が気づいていないのかもしれないが、料理マンガの伝統のある日本というのは、料理文化でも先進国なのかもしれない。
 ちなみに一昨日の昼は「宝介」の博多ニラそば、昨日の昼は「佐野家」の冷やし担タン麺。2連勝で迎えた今日の昼は「OK牧場」でやっとラーメンを食べたのだが、入った店が焼肉屋だったのが敗因。いわゆる「中華そば」なのだが、スープが澄んでいないところで失敗を悟った。しかし、一緒に食べた「ミニ牛丼」は絶品。さすがに焼肉屋だけのことはあり、チェーン店の牛丼などは足元にも及ばない。ただし、「中華そば」については改めてリベンジしなければ。

ラーメンガール [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2009-05-27

ユーザレビュー:
いい映画なんですが、 ...
イイ映画ですブリタニ ...
ダークホースとして一 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






北海道限定アクビガールラーメンボールペン
北海道ギフトバザール
■商品名:北海道限定アクビガールラーメンボールペン懐かしのアニメ・ハクション大魔王でおなじみの「アク

楽天市場 by ウェブリブログ

"ラーメンの何たるか ラーメンガール" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント