ジェット・リーの貫禄 ウォーロード

ウォーロード 男たちの誓い THE WARLORDS 投名状
画像

 ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武という香港・中国映画を長年にわたって牽引してきた3人が顔を合わせるのだから、もう少し話題になってもよかったと思うのだが、「レッドクリフ PartⅡ」の影に隠れたのか、劇場公開時はそれほど盛り上がらずに終わってしまった感がある。しかし、この「ウォーロード」という作品、ドラマという点では「レッドクリフ」を凌ぐ面白さと言っても過言ではない。
 まずはジェット・リーだが、歳をとって表情や演技に貫禄と迫力が増してきた。ハリウッドに進出していた頃はまだ童顔で「少林寺」のイメージをぬぐい切れなかったが、最近の作品には年相応の落ち着いた雰囲気が出てきた。この作品のパン将軍役では顔のシワまでもリアルにさらし、その時々の葛藤や苦悶が表情からしっかりと伝わってくる。アンディ・ラウにしても、「インファナル・アフェア」や「墨攻」での若干スマートさが残る役柄とも違って、盗賊の首領というワイルドな役を好演。この2人がここまで「男の色気」を見せた作品はこれまでなかったのではないだろうか。それに対して3人の中で弟分を演じた金城武は、以前のような若々しい演技を見せて上手に登場人物のバランスをとったと言える。
 3人が3人ともキャラクターをかぶらせることなく、それぞれの役柄をぶつけ合っており、結果としてキャスティングは大正解。安易に先を読ませたり、飽きさせたりすることもなく、うまくラストまで持って行く見応えのある展開。ハッピー・エンドとは言えないラストではあるが、なぜかほっとするところもあり、後味も悪くない。「レッドクリフ」の影に埋もれさせるにはあまりに惜しい傑作である。

ウォーロード/男たちの誓い 完全版 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2009-09-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"ジェット・リーの貫禄 ウォーロード" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント