所蔵パンフレットから⑩ 周潤發電影祭

周潤發電影祭 チョウ・ユンファ・シネマ・フェスティバル
画像

 1992年(平成4年)、たぶん新宿シネパトスだったと記憶しているが、チョウ・ユンファ主演のコメディ3本が「シネマ・フェスティバル」と題して上映された。残念ながらどういう形態で3本の作品が上映され、自分が何を見たのかがはっきりしない。「男たちの挽歌」で大ファンになった發仔(ファッチャイ)に会えるということで喜び勇んで劇場に行き、決して館内は満員ではなかったものの、中国人とおぼしき人やコアなファンが大勢いることに満足して帰ってきたことを憶えている。
 当時は東京で学生生活を送っており、いくら映画が好きでも都内で上映されている作品全てを網羅することは不可能で、香港映画に重点を置いて映画館を巡っていた時期。輸入雑誌を扱っている書店で『銀色世界』を買っては漢字を読み下して何となく香港映画界の情報に触れたつもりでいた。「ぴあ」を読んで香港映画が上映されることを知ると渋谷や銀座へ遠征し、けっこうな本数の香港映画を見ていたはず。もっとも、当時の日記をひっくり返せば鑑賞した作品も思い出せるのだろうが、パンフレットを買う習慣はなかったので確実に見たと言えるのはブログで取り上げた「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」や「ロアン・リンユィ」、「男たちの挽歌Ⅱ」くらい。あとはビデオを借りてみたのか、劇場で見たのかも定かではない。
画像

 このフェスティバルで上映された3作品は以下の通り。

 ゴールデンガイ〈吉星拱照〉共演:シルビア・チャン

 僕たちは天使じゃない〈八星報喜〉共演:チェーリー・チェン、ドゥドゥ・チェン、ジャッキー・チュン

 パラダイス・パラダイス〈長短脚之戀〉共演:ジョイ・ウォン、ニナ・リー

 作品の出来はともかく、共演者から考えると3作品全てを見ないはずはないのだが、思い出せない。これらの作品がDVD化されたという話も聞かないので、いまのところそれを思い出すすべはない。

"所蔵パンフレットから⑩ 周潤發電影祭" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント