微笑みの国のファンタジー シチズン・ドッグ

シチズン・ドッグ CITIZEN DOG (珠玉のアジアン・ライブラリー VOL.2) ☆
画像


 ことさら「タイの映画」と構える必要もなく、冒頭からゆったりとした作品の世界に引き込まれていく。俳優の魅力もさることながら、色遣いなどの映像処理とバックに流れる音楽、何ともいえない間の取り方が心地よい。
 人間は常に手の届かないところにある何かを探し求めているのだが、本当に大切なものは身近にあり、しかも探すことをやめたときにそれは見つかる。その何かを尻から生える「シッポ」に象徴させた点も興味深い。タイには「シッポ」に関する伝承があるのだろうか。そして、空から降ってきたヘルメットのために死んでしまったバイクタクシーの運転手や、転生してヤモリになったおばあさん、幼児の姿をした成人女性など、ポッドとジンの主役以外も面白い登場人物がいっぱい。缶詰工場は「モダンタイムス」を思い起こさせ、バンコク市内に山のように積まれたペットボトルの山は「デイ・アフター・トゥモロー」や「ドラゴンヘッド」などの終末の地球を連想させる。プラスチック反対運動の描写は環境問題への取り組みに対する風刺のようにも思えた。何よりふるっているのはジンが長年探し求めてきた「謎の本」の正体。大切なのは結果ではなく、過程であるということでもあるのだろう。そして最後はハッピー・エンド。とにかく、あれこれ見所、考え所があり、退屈させない作品である。
 「珠玉のアジアン・ライブラリー」シリーズをVOL.2から見始めたが、これは侮れない!

作品データ
監督:ウィシット・サーサナティアン 出演:マハーサムット・ブンヤラック、セーントーン・トウートーン他 
製作年:2004年 製作国:タイ


珠玉のアジアン・ライブラリーVol.2 「シチズン・ドッグ」×「ヌーヒン バンコクへ行く」 [DVD]
エスピーオー
2010-01-01

ユーザレビュー:
タイ映画の力タイの映 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"微笑みの国のファンタジー シチズン・ドッグ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント