もう一つの「母なる証明」 セブンデイズ

セブンデイズ SEVEN DAYS ☆

画像


 情け容赦のない韓国映画の迫力にまたも圧倒された。娘を誘拐された女性弁護士ユ・ジヨンが、誘拐犯から7日後に開かれる死刑囚の第二審で無罪を勝ち取ることを要求されるというストーリー。ストーリーそのものは目新しいものではない。しかし、韓国映画でなければ描くことのできない世界がここにはある。猟奇殺人をスリリングに描くことにかけては韓国映画の右に出るものはないが、この作品の場合はさらに少女誘拐が絡み、見ていても全く心が安まらない展開なのだ。しかも、誘拐犯は全く譲歩する気配を見せず、誘拐された少女は食物アレルギーもあり、薬も必要。いくら映画とはいえ、日本映画ではここまで母を、少女をさいなむことはすまい。しかし、ユ弁護士はくじけそうになりながらも、幼なじみのアウトロー刑事の助けを借り、猟奇殺人事件の真相に迫ろうとする。
 ユ弁護士を演じるキム・ユンジンの迫力もさることながら、猟奇殺人の被害者の母親を演じたキム・ミスクが最後にはキム・ユンジンをすっかり食ってしまう。誘拐犯の正体は? 猟奇殺人の真犯人は? 展開が読めそうで読めず、そうかといって結末も強引ではない。出演者の演技だけではなく、シナリオもよくできている。
 これもまた、もう一つの「母なる証明」と言えるだろう。

作品データ
監督:ウォン・シニョン 出演:キム・ユンジン、パク・ヒスン他 製作年:2007年 製作国:韓国


セブンデイズ コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2009-12-02

ユーザレビュー:
なかなか見応えがあり ...
うまく丸め込まれまし ...
サスペンス韓国映画を ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by セブンデイズ コレクターズ・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"もう一つの「母なる証明」 セブンデイズ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント