船越に負けた堀北 白夜行

白夜行 

画像


 東野圭吾の原作も読んでおらず、山田孝之と綾瀬はるかが主演したTBSのドラマも見ていないので、勝手な感想かもしれないが、この映画は原作の設定(プロット)が全てだったのではあるまいか。

 ストーリーの性質上、亮司(高良健吾)と雪穂(堀北真希)の心理描写が極力抑えられているために中心人物の2人に感情移入することができなかった。彼らの代わりに狂言回しの役割を担うのが船越英一郎演じる刑事・笹垣なのだが、20年に及ぶ事件の顛末は、最後に彼の台詞によって全て明らかになる。結局、俳優の演技や演出などはどうでもいいということなのだ。また、雪穂の少女時代の悲惨な境遇も、言葉とイメージで語られるのみで、亮司と雪穂が長きにわたって罪を犯し続けなければならない説得力にも欠けてしまった。
 堀北も高良もいい仕事をしたと思うが、最終的に印象に残るのは船越英一郎。さすがは2時間ドラマの帝王である。
 ハン・ソッキュ主演の韓国版もあるらしいが、このテのドロドロした物語を情け容赦なく映像化する韓国映画なら、さらに衝撃的な作品になっているに違いない。




作品データ
監督:深川栄洋 出演:堀北真希、高良健吾、船越英一郎他
製作年:2011年 製作国:日本


白夜行 [DVD]
ポニーキャニオン
2011-07-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 白夜行 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"船越に負けた堀北 白夜行" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント