本格的アドベンチャー ランカスカ海戦

ランカスカ海戦/パイレーツ・ウォー Queens of Langkasuka プーン・ヤイ・チョーム・サラット ☆ 【DVD】

画像


 2012年のレビュー第1弾は2008年のタイ映画。この作品のタイ国内の興行成績(2008年)は、タイ映画中6位、外国映画を含めても16位と、それなりのヒットを記録している。昨年暮れにやっと日本でもセル版が発売された。

 マレー半島中部にあったというランカスカ王国(現在のパタニーといわれる)を舞台に、ランカスカと海賊たちの戦いを描いたスケールの大きな海洋アドベンチャー。史実を基に作られたといわれるが、イスラム中心のパタニーの独立と絡む政治的な問題もあるらしい。もっとも、そのためにエンターテイメント色が濃くなったのであればそれはそれで正解といえるかもしれない。
 雰囲気だけの「歴史大作」ではなく、セットにもキャストにも金をかけており、VFXも本格的。ストーリーの細部は突っ込み所満載だが、それを補って余りある面白さがある。ダン・チューポン、アナンダ・エヴェリンハムの2人の男優はそれぞれ持ち味を発揮しているし、王女の妹を演じたアピチャナーノン、アンナ・ヘムバーウリットの2人のヒロインもタイに多いエキゾチックな美女で、非常に魅力的(他の作品でも見たことがあるような気がするが、未確認)。そして「キング・ナレスワン」や「マッハ!弐」の僧侶役でお馴染みのソーラポン・チャートリーがこの作品でも相変わらず主人公を導く師匠役で登場。彼が出ていれば三流作品のはずはない。
 イスラム信仰の強い土地を舞台にしているだけあって、ワイ(合掌)が全く見られないこともタイ映画にしては珍しい。時代考証などはともかく、本気で作っていることは十分にうかがえる力作である。

 この作品といい、 「キング・ナレスワン」といい、タイ映画は年々そのパワーを増してきている。日本映画界も小粒な時代劇ばかり作っていると、いまにタイ映画界に追い越されてしまうかもしれない。

作品データ
監督:ノンスィー・ニミブット 出演:ダン・チューポン、アナンダ・エヴェリンハム他
製作年:2008年 製作国:タイ


ランカスカ海戦 ~パイレーツ・ウォー [DVD]
竹書房
2011-10-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ランカスカ海戦 ~パイレーツ・ウォー [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"本格的アドベンチャー ランカスカ海戦" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント