まだまだ若いリプリー エイリアン2

エイリアン2 ALIENS ☆ 【BD】

画像


 「FOX HERO COLLECTION エイリアン ブルーレイBOX」を順番に見ながら「エイリアン」を復習している。
 1作目のホラー映画的な雰囲気は失われたものの、SFアクション映画としては記憶に残ってた印象以上に面白かった。このあたりはリドリー・スコットとジェームズ・キャメロンの作家性の違いだろう。娯楽作品としてしっかり見せ場を作り、ベタなくらいツボをしっかりと押さえている。
 原題にもあるとおり、今回の敵は ALIENS と複数形になり、エイリアンも大勢で攻めてくる。ストーリーも単純に人間とエイリアンの戦いを描くのではなく、リプリ-とエイリアン・クイーンの母性の対決になるところも、女性がどんどん強くなっていく時代背景と二重写しになっていて興味深い。1作目よりもタフになったリプリーだが、彼女の女性らしさを表現するために、惑星 LV-426 で唯一生き残った少女ニュートを、彼女の漂流中に亡くなった娘と重ね合わせるところも巧い。さらに戦場となるのが今回も逃げ場のないコロニー。パニック映画のお決まりのパターンで、臨場感を煽っている。ただし、リプリ-たちが惑星を自由に動き回れるように、酸素生成装置が設置されているところがミソ。ご都合主義がなければエンターテイメントは成り立たないのだ。
 キャストでは当時36歳のシガニー・ウィーバーはまだまだ若い。そして「ターミネーター」に続くジェームズ・キャメロン作品への登場となるマイケル・ビーンが、シガニー・ウィーバーを前面に立てて控えめながらもいい味を出している。そして人造人間のビショップを演じたランス・ヘンリクセンの印象が強烈。3作目に出てくるせいもあるが、1作目のアッシュの印象を完全に上書きしてしまった。

作品データ
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:シガニー・ウィーバー、マイケル・ビーン他
製作年:1986年 製作国:アメリカ


エイリアン2 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP)
2012-07-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エイリアン2 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"まだまだ若いリプリー エイリアン2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント