正義は? チョコレート・ガール

チョコレート・ガール バッド・アス!! THIS GIRL IS BAD ASS Juk-ka-lan ☆ 【BD】

画像


 ジージャー主演の第3作目。日本版は最初からDVDとBDの両方が発売されており、日本での認知度が上がったことを裏付けている。しかし、この作品に「Chocolate(チョコレート・ファイター)」の可憐な演技と「Raging Phoenix(チョコレート・ソルジャー)」の身体能力の高さを期待すると、ちょっぴりがっかりするかもしれない。今回はシリアスなアクション映画ではなく、アクションも楽しめるコメディ映画なのだ。
 タイでの評価には微妙なものがあったので日本版の発売を待って初めて鑑賞したが、タイで公開されたバージョンと日本版では多少の異同があるらしい。そのためか、ジージャー演じるバイクメッセンジャーの少女ジャッカレンが麻薬の運び屋をする理由や、2つのギャング組織との関係もわかりづらい。また、タイの人にしかわからないギャグもカットされているらしいので、タイ好きとしてはタイ版を買わなかったことを多少後悔。しかし、御用達の eThaiCD.com ではBDが見つからないから仕方がない。
 ストーリーにこだわると、ギャングの麻薬をくすねて金を儲けようとしてトラブルに巻き込まれたジャッカレンは同情の余地がない。そのため、彼女が危機に陥っても自業自得しか思えず、素直に応援する気になれないのだ。しかし、タイのコメディ映画としてみると、さすがにペットターイ・ウォンカムラオが監督・出演するだけのことはある。はっきりいって登場人物は全員アホ!ばかばかしいギャグの連続なのだ。辻褄を合わせることなど考えず、ただただ笑っていればいい。肩の力を抜いてコメディ映画として楽しむと、ジージャーのアクションも改めて大きな魅力に感じられる。自転車を使ったアクションはまだこなれていない感じで、ジャッキー・チェンがあらゆる道具を利用して見る者を驚かせた域には達していないが、テコンドー仕込みの足技の華麗さは必見。ジージャーは足を高く上げても決して姿勢が崩れないのだ。
 
 ジージャーは2012年に結婚、今年1月には出産もして現在29歳。いつまでも可憐な少女を演じ続けるわけにはいかないので、これからどのようなキャラクターを演じていくのか楽しみである。

作品データ
監督:ペットターイ・ウォンカムラオ(マム・ジョクモク) 
出演:ジージャー・ヤーニン、ペットターイ・ウォンカムラオ他
製作年:2011年 製作国:タイ


チョコレート・ガール バッド・アス!! [Blu-ray]
Happinet(SB)(D)
2013-07-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by チョコレート・ガール バッド・アス!! [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"正義は? チョコレート・ガール" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント