俳優の魅力 危険な関係

危険な関係 Dangerous Liaisons ☆ 【DVD】

画像


 コデルロス・ド・ラクロの小説「危険な関係」の舞台を1930年代の上海に置き換え、チャン・ツィイー、チャン・ドンゴン、セシリア・チャンの主演で製作された中国映画。同じ原作の映画化作品は少なくないが、1988年のグレン・クローズ主演によるハリウッド作品が記憶に新しい(ペ・ヨンジュンの「スキャンダル」を無視するわけではないが、これは見ていない)。

 裕福なプレイボーイのイーファン(チャン・ドンゴン)は、かつて恋愛関係にあった女性実業家ジェユー(セシリア・チャン)から、自分を捨てた男性の婚約者を寝取って欲しいと頼まれる。しかし、彼が興味を引かれたのは貞淑な未亡人のフェンユー(チャン・ツィイー)。彼女をモノにできるか、イーファンとジェユーの間で賭けが行われるが、イーファンは付き合ううちにフェンユーを愛するようになっていく。

 何といっても主演の3人がいい。外見だけの美男美女ではなく、それぞれのキャラクターがしっかり描き分けられ、しかも彼らのやりとりがしゃれている。ストーリーそのものは恋愛映画の王道を行くものだが、まるで舞台を見ているような迫力ある演技に惹きつけられた。一番目を引いたのはセシリア・チャンの悪女ぶり。気の強いキャラクターなので、チャン・ツィイーもお得意とする役柄だが、内面に抱える弱さはセシリア・チャンでなければ演じられまい。エディソン・チャンの画像流出事件以降、パッとしなかった数年間が垣間見えたような気がした。もう一方のチャン・ツィイーもお見事。ひさしぶりに「初恋のきた道」の可憐な彼女に会えたような気がする。可憐というには年齢的にギリギリといった感もあるが、勝ち気で傲慢ではないチャン・ツィイーもやっぱり魅力的。そして、美女2人に挟まれて男の哀れさ、情けなさをカッコよく演じるチャン・ドンゴンも、プレイボーイの役なのに全く嫌みにならないところがすごい。「いかにも」というクサい演技なのに、彼の魅力は損なわれていない。

 監督は韓国のホ・ジノ。上海を舞台に、アジアの俳優が演じているのだからアジアの映画になるのは当然だが、恋愛映画の名手であるホ・ジノの感性が、フランス小説の恋愛観をアジア的なものに変換させることに成功したのだ。

作品データ
監督:ホ・ジノ 出演:チャン・ツィイー、チャン・ドンゴン、セシリア・チャン他
製作年:2012年 製作国:中国


危険な関係 [DVD]
KADOKAWA / 角川書店
2014-07-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 危険な関係 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



次はこれ買う!



映画プリキュアオールスターズNew Stage3 永遠のともだち 特装版 [Blu-ray]
TCエンタテインメント
2014-07-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 映画プリキュアオールスターズNew Stage3 永遠のともだち 特装版 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"俳優の魅力 危険な関係" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント