C.イーストウッドの職人芸 アメリカン・スナイパー

アメリカン・スナイパー American Sniper 【iTunes】

画像


 イラク戦争でアメリカ軍の狙撃手を務めたクリス・カイルの自伝『ネイビー・シールズ最強の狙撃手』を、クリント・イーストウッド監督が映画化。アメリカでは公開後に作品の内容と表現の賛否を巡って保守派とリベラル派との間で論争が起こった。

 カウボーイに憧れ、弟とともにロデオに明け暮れていたクリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、アメリカ大使館爆破事件をテレビで見て国を守るため海軍に志願する。アメリカ同時多発テロのあとイラクへと派遣されたカイルは、狙撃兵として活躍し、「レジェンド(伝説)」と称される一方、テロ組織からは懸賞金を賭けられる存在となる。本国では妻や子供に恵まれたが、イラクでの戦いはカイルの心を蝕み、妻との関係も不安定なものになっていく。

 2013年に亡くなった実在の人物を取り上げた作品で、テーマそのものも非常に扱いが難しいが、さすがはイーストウッド監督。公開後に論争が起こったとはいえ、作品そのものは声高に主義主張を振りかざしてはいない。それでいて任務に望む場面は緊迫感のある描写で、カイル自身のキャラクターも見る者が望むヒーロー像に合致させている。テーマの重さと描写の軽快さのバランスが絶妙で、仮にイスラム過激派との戦いをまったく知らない人が見たとしても、「面白かった」と思うはずだ。イーストウッドは「グラン・トリノ」や「父親たちの星条旗」などでも同じように難しいテーマを扱っていたが、それらの作品でも主義主張を一方的に押し付けるような作品にせず、見る者に問いかけ、考えさせる作品として作りながら、エンターテイメントとしても成立させていた。この作品のラストシーンはカイルをヒーローとして讃えているようにも見えるが、カイルの葬儀の記録映像を使ったところにも、イーストウッドの立ち位置が感じられる。あり得ないことではあるが、もしクリント・イーストウッド監督が日中戦争を取り上げたらどのような作品になるのか、見てみたい気がする。


 昨年、日本では安全保障を巡って大きな議論が巻き起こったが、このような作品を見ると「武力行使=戦争」は現状を変える手段とはなっても、紛争解決の手段とはなり得ないということが実感できる。「戦争反対」と叫ぶ人に対して「平和ボケ」とか、「中国が攻めてきたらどうする」とか言う人たちがいるが、戦争によって平和がもたらされたことはいまだかつてない。「武力による威嚇」は否定しないが、「武力行使」を前提にしない解決策がより前面に打ち出されなければなるまい。


作品データ
監督:クリント・イーストウッド 出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー他
製作年:2014年 製作国:アメリカ


アメリカン・スナイパー [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-12-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アメリカン・スナイパー [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"C.イーストウッドの職人芸 アメリカン・スナイパー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント