シワに刻まれた重み ハドソン川の奇跡

ハドソン川の奇跡 SULLY 【iTunes】

画像


 2009年1月15日に起きたUSエアウェイズ1549便のハドソン川不時着水事故を、クリント・イーストウッド監督が映画化。機長のチェスリー・サレンバーガー(サリー)を演じるのはトム・ハンクスで、実話をベースにした作品の実績ではもはや彼の右に出る俳優はいないといっていい。

 マンハッタン上空を飛行中のUSエアウェイズ1549便は、バードストライクによって両エンジンが停止し、コントロールを失う。機長のサレンバーガー(トム・ハンクス)と副機長のスカイルズ(アーロン・エッカート)は必死に機体をコントロールし、管制官の指示で近くの空港に向かおうとするが、長くは高度を保てないと判断してハドソン川に機体を不時着させ、乗員155名の命を救う。生還劇は「ハドソン川の奇跡」として報道され、サレンバーガーは国民的英雄となるが、まもなく国家運輸安全委員会の調査が始まり、彼の判断が正しかったのか厳しく追及されることになる。

 奇跡の生還劇として報道された事故の「その後」に、このような物語があったことは知らなかった。国家安全運輸委員会の追及以外にも、サレンバーガー機長やスカイルズ副機長の判断に対する賛否や毀誉褒貶があったことは想像に難くないが、映画でハドソン川への不時着の妥当性に絞って物語を展開したのは大正解。もっとドロドロした展開を予想していたので若干の物足りなさはあったものの、公聴会でコンピュータやパイロットのフライト・シミュレーション結果が覆される結末にはすっきり納得できた。また、実話がベースであるが、本編90分余りで収めたところもバランスがいい。

 クリント・イーストウッドの演出も相変わらず冴えており、抑えた描写ながらドラマティックな作品になっていた。キャストではトム・ハンクスとアーロン・エッカート以外はそれほど有名な俳優が出ていなかったが、その点もドラマをじっくりと見せることにつながっている。私がトム・ハンクスの作品を取り上げるときは、いつも「トム・ハンクスは何を演じてもトム・ハンクス」と書いているが、「ブリッジ・オブ・スパイ」あたりから少し印象が変わってきた。中年までのトム・ハンクスは、私の中では常に「ビッグ」のトム・ハンクスだったが、最近の歳を重ねたトム・ハンクスは、シワの一本一本で登場人物の人生を演じる俳優になったような気がする。そう考えると、もう1人のトム、トム・クルーズもそのうち金太郎飴状態から抜け出すときがくるのかもしれない。

作品データ
監督:クリント・イーストウッド 出演:トム・ハンクス、アーロン・エッカート他
製作年:2016年 製作国:アメリカ


ハドソン川の奇跡 [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-07-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハドソン川の奇跡 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



次はこれ買う!




"シワに刻まれた重み ハドソン川の奇跡" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント