社会派スリラー ジョーカー

ジョーカー JOKER ☆ 【BD】

joker.jpg

 「バットマン」の悪役ジョーカーが生まれる経緯を描いた2019年のアメリカのスリラー映画。アカデミー賞本番では韓国映画「パラサイト」に話題を全て持って行かれた感があるが、11部門でノミネートされ、ホアキン・フェニックスが主演男優賞、ヒドゥル・グドナドッティルが作曲賞を受賞した。

 母親ペニー(フランセス・コンロイ)と2人で貧しい生活を送っていた大道芸人のアーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)は、同僚から譲り受けた護身用の拳銃を病院の子どもたちの前で落としてしまい、事務所を解雇される。ピエロ姿のまま荒んだ気持ちで地下鉄に乗っているところを酔っ払ったエリートサラリーマンに絡まれ、激高したアーサーは彼らを射殺してしまう。貧富の格差に憤りを感じていたゴッサムの貧困層はピエロの行動を支持し、大規模な暴動へと発展する。そして母親が隠していた自分の障がいの原因を知ったアーサーは、自らを「ジョーカー」と名乗って人気番組「マレー・フランクリン・ショー」に出演すると、司会者のマレー(ロバート・デ・ニーロ)を射殺し、暴徒で混乱する街の中で踊り出す。

 一応はDCコミックを原作とする映画「バットマン」シリーズのスピンオフということになるのだろうが、ジャック・ニコルソンやヒース・レジャーのジョーカーを知らなくても、いや、「バットマン」そのものを知らなくても独立した作品として十分に成り立っている。もちろん、舞台はゴッサム・シティだし、のちのバットマン=ブルース・ウェインも登場する。しかし、それらがなかったとしても閉塞感に満ちた現代社会をリアルに描いた傑作といっていい。DCやマーベルなどを原作としたアメコミ映画のファンとしては予想を裏切られた形にはなるが、ホアキン・フェニックスの熱演から、狂気に追い立てられ、「ジョーカー」へと変貌せざるを得なかったアーサーの苦悩や怒りが伝わってくる。多様性を謳う一方で格差が拡大し、将来に明るい展望が見えない現在の状況では、この作品のゴッサム・シティの混乱を「映画の世界のお話」と片付けられないところが残念で仕方がない。

 ロバート・パティンソンがブルース・ウエインを演じる「バットマン」シリーズが始動したと聞くが、果たしてこの「ジョーカー」の世界観が引き継がれるのか、それとも全く異なったものになるのかも楽しみである。

作品データ
監督:トッド・フィリップス 出演:ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ他
製作年:2019年 製作国:アメリカ

ジョーカー 4K ULTRA HD&ブルーレイセット (初回仕様/2枚組/ポストカード付) [Blu-ray] - ホアキン・フェニックス, ロバート・デ・ニーロ, ザジー・ビーツ, フランセス・コンロイ, トッド・フィリップス
ジョーカー 4K ULTRA HD&ブルーレイセット (初回仕様/2枚組/ポストカード付) [Blu-ray] - ホアキン・フェニックス, ロバート・デ・ニーロ, ザジー・ビーツ, フランセス・コンロイ, トッド・フィリップス

次はこれ買う!

【Amazon.co.jp 限定】I-O DATA モニター 23.8インチ ADS非光沢 スピーカー付 3年保証 土日サポート EX-LDH241DB
【Amazon.co.jp 限定】I-O DATA モニター 23.8インチ ADS非光沢 スピーカー付 3年保証 土日サポート EX-LDH241DB

"社会派スリラー ジョーカー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。