テーマ:ドイツ映画

いまも世界のどこかで コロニア

コロニア COLONIA 【Amazonプライム】  1973年のチリ軍事クーデターの際に起こった実話を基に作られたスリラー映画。ナチスの残党パウル・シェーファーが支配するチリ秘密警察の拷問施設「コロニア・ディグニダ」からの脱出劇が描かれている。  1973年、ルフトハンザ航空の客室乗務員であるレナ(エマ・ワトソン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古き佳きサスペンス映画の味わい グランド・ブダペスト・ホテル

グランド・ブダペスト・ホテル The Grand Budapest Hotel 【iTunes】  第64回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞したウェス・アンダーソン監督の作品。ウェス・アンダーソンはアメリカ人だが、この作品はドイツとフランスの合作で、20世紀前半のモノクロ映画やヨーロッパ映画のような、軽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女は怖い パッション

パッション PASSION 【iTunes】  昨夜の「危険なプロット」に続き、フランス映画を鑑賞。2010年の「ラブ・クライム/偽りの愛に溺れて」をブライアン・デ・パルマがリメイクし、ベェネツィアでは金獅子賞の候補にもなったというサスペンス映画である。  広告会社に勤めるイザベル(ノオミ・ラパス)は、有能な上司クリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今だからこそ バクダッド・カフェ

バクダッド・カフェ Out of Rosenheim Bagdad Café 【iTunes】  この作品も1980年代後半のミニシアター・ブームの中で日本公開された作品。  当時、私は大学を卒業したものの定職には就かず、アルバイトをしながら映画館に通っていた。「ストレンジャー・ザン・パラダイス」「蜘蛛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静的にドラマティック 東ベルリンから来た女

東ベルリンから来た女  BARBARA  【iTunes】  ベルリンの壁が崩壊する以前の旧東ドイツの田舎を舞台に、西側への脱出を図る女医バルバラを主人にした作品。  私が映画を見てあれこれ考える場合、男性と女性、過去と現在、欧米とアジアなど二項対立の図式でとらえることが多いのだが、この作品を見て思ったのは「ハリウッドな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凝り過ぎかな クラウドアトラス

クラウドアトラス Cloud Atlas 【iTunes】  物語が入り組んでいてわかりにくいという評価が多いようだが、物語の流れに身を任せて見ていたのでほとんど違和感をおぼえることはなかった。もっとも、俳優が1人で何役もこなしていることだけではなく、あれこれ凝った仕掛けもありそうなので、気づいていない面白さがあるのかもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キーラ・ナイトレイの迫力 危険なメソッド

危険なメソッド A DANGEROUS METHOD ☆ 【DVD】  心理学者のユングとフロイト、そして彼らの弟子であり、同時に彼らに大きな影響を与えたロシアの女性精神分析家ザビーナ・シュピールラインの交流を描いた作品。原作となったノンフィクション『A Most Dangerous Method』は舞台化もされているとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙な不気味さ ヘッドハンター

ヘッドハンター HODEJEGERNE 【iTunes】  美術品窃盗犯という裏の顔を持つヘッドハンターのロジャーが、元軍人クラスの所有する絵画を盗んだことから恐ろしいトラブルに巻き込まれるというノルウェーのサスペンス映画。  サスペンスといっても、CIAなどが登場する「る国家の陰謀」というような大げさなものではなく、そ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

つなぎに徹した バイオハザードⅤ

バイオハザードV/リトリビューション RESIDENT EVIL:RETRIBUTION ☆ 【BD】  「バイオハザード」シリーズはBDのクアドリロジー BOXを買ってしまったので、その流れで5作目も「Blu-ray IN 3D デジパック仕様」を購入。  シリーズを重ねるごとにミラ・ジョヴォヴィッチも歳をとり、展開に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネオ時代劇 三銃士

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 THE THREE MUSKETEERS 【DVD】  紀里谷和明の「GOEMON」や三池崇史の「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」に例えたらいいだろうか。西洋版のネオ時代劇がこのポール・W・S・アンダーソンの「三銃士」である。  誰もが知っている物語を、自分なりに大胆に味付けし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more