テーマ:バンコク

やっぱりNEKO JUMP GIRLS ON TOP

SUPER SAVE KARAOKE GIRLS ON TOP ☆ 【DVD】  これも eThaiCD.com から購入。「KARAOKE」とあるが、タイではビデオクリップのことをこう呼ぶ。タイのメジャーレーベルRSに所属する若手女性ユニットのPV集である。昨年、タイを訪れたときに SUGAR EYES というアイドルユ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独りのタイ料理は… あろいなたべた

タイ料理あろいなたべた須田町店  秋葉原をウロウロしたついでに万世橋をわたり、歩いて数分の「あろいなたべた」須田町店で夕食。  1人なので欲張っても何なのでコームーヤーン(上)とヤムウンセン(下)にビアシンを注文した。単品メニューは全て630円とリーズナブル。量もやや少なめで1人でも無理はない。もちろん、味も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

色っぽい小林聡美 プール

プール ☆  仕事が忙しくて気持ちに余裕がなく、こういうときは大好きなタイに思いを馳せたいと思って購入した1枚。  4年前、祖母と自分を残して家を出た母親(小林聡美)に会うためにチェンマイのゲストハウスを訪ねた大学生のさよ(伽奈)が、母やオーナーの菊子(もたいまさこ)、手伝いの市尾(加瀬亮)らと接するうちに、周囲に対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ映画と見れば合格点 パーフェクト・スナイパー

パーフェクト・スナイパー ELEPHANT WHITE ☆  「マッハ!!!!」や「チョコレート・ファイター」のプラッチャヤー・ピンゲーオ監督が撮ったアメリカ映画。バンコクを舞台に、ギャングの勢力争いに巻き込まれたスナイパーが、売春宿の少女たちを解放しようと単身で戦いを挑む。  殺し屋のスナイパー、チャーチを演じるのが「ブラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹野内豊と金城武 太平洋の奇跡

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男  第二次大戦末期、アメリカ軍に侵攻されたサイパン島で、残された兵士や民間人を守って戦った陸軍大尉の大大場栄を主人公とした作品。ドン・ジョーンズのノンフィクション小説『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』が原作で、大場栄はのちに蒲郡市の市議会議員も務めたという。  事実や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出張でターチャン仙台店

Tha Chang 仙台店(タイ料理レストラン)  出張で仙台に行ったついでに同僚とタイ料理店「ターチャン」で一杯飲んできた。パルコにあった「ティーヌン」がなくなってしまったので(?)、代わりとなるタイ料理店を探していて、泊まったホテルのすぐ近くに発見したのだ。  牛タンの「利久」でいっぱい食べて飲んだあとだったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつかは理解者が… ラバーズ

RUBBERS ラバーズ/覆う女 (タイ版VCD) ☆   日本の作品をタイ版のVCDで購入。正規のVCDなので完璧に吹き替えされており、日本語で台詞を聞くことはできない。香港や台湾で売られているVCDの中には日本語音声はそのままに、別トラックに吹き替えが入り、さらに字幕がついている作品もあるのだが、タイで買ったVCDはき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きっちり決着 ビハインド

ビハインド the Unborn (The Mother) ☆  犯罪組織から麻薬を横流しした女性ポーはヤクザの制裁を受けて夜の沼に放り込まれる。漁師に助けられて病院に担ぎ込まれるが、それから彼女には若い妊婦の霊がつきまとうようになる。薬物中毒だった彼女を信じる者はいなかったが、病院の女性副院長は親身になって彼女の面倒を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完成度高し! バンコク・トラフィック・ストーリー

ロットファイファー...マーハー・ナ・トゥー Bangkok Traffic (Love) Story 下一站説愛你 ☆  記念すべきテーマ「映画」の500回目はやはりタイ映画。なかなか日本語版が発売されないので、台湾ver.を香港経由で購入した。中国語字幕のみで英語字幕以上に細部は追い切れなかったものの、恋愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松下奈緒でリメイクを 恐怖の大学

マハーライ・サヨーンクワン Haunted Universities ☆  MBKセンターの mangpong で買ってきたDVD2枚のうちの1枚。1枚は当初の目的の「ラートリー・リターンズ」だったが、こちらは完全なるジャケ買い。英題もついていないのでどのように紹介すべきか困っていたが、ふだん利用している香港のDVDショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ旅行 番外編

エラワン廟(グランド・ハイアット・エラワン・バンコク)  最近は「パワースポット」という意味のよくわからない言葉が巷に氾濫しているが、仏教徒の多いタイは「パワースポット」の宝庫。日本の神社仏閣は「古刹」という言葉が表すように伝統の重みに価値を見出そうとするのか、落ち着いた佇まいをヨシとする。一方、タイの寺院はあくまでも現在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ旅行 番外編

ベンジャシリ公園のカメ 2011  今回のバンコク旅行で、予定していたのに行けなかったのがスワンルム・ナイトバザールとルンピニ公園。  スワンルム・ナイトバザールは買い物と食事が気軽に楽しめ、ウィークエンド・マーケットのように暑さに苦しめられることがないので毎回必ず行っていたが、今回は出発直前に完全閉鎖のニュースが飛び込んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ旅行 番外編

Mickey Mouse Clubhouse: Choo-Choo Express(Thailand Version)                      278B 映画ドラえもん のび太の人魚大海戦(Thailand Version)                      189B  MBKセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ旅行 番外編

 日本ではそれぞれのアーティストの思惑があるのか、レコード会社やレーベルごとのベスト盤が毎年発売されるということはないが、タイにおいてはレーベルごとの年間ベスト盤が年末の風物詩といえるほど定着しているらしい。DVD・CDショップには似たようなCDがずらりと並んでいた。 GMM GRAMMY BEST OF THE YEAR 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ旅行 番外編

バンコクで感じたこと その1  娘を連れてバンコクを訪れて毎回感じることは、タイは子供を大切にする国だということ。入国審査のことは既に述べたが、BTSや地下鉄では必ず子供に席を譲ってくれる。無愛想に見える人がニコリともせず「ここに座れ」と席を立つこともしばしば。ショッピングに行っても「カワイイネ」などと声をかけてくれるので、娘たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ旅行 その13

1月9日(日) 第5日目  日付は変わっていよいよ日本へ。深夜便でもサービスしないわけにはいかないのか、6時に無理やり起こされて朝食が出てきた。今回は往復ともチャイルドミールをリクエストしたが、往路のオムライスは娘には不評。一般の海鮮焼きうどんの方が食欲をそそったらしい。  復路の食事は上が一般向けで、下がチャイルドミー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ旅行 その12

1月8日(土) 第4日目  名残を惜しむようにバンコクでの最終日の行動をくどくどと書いているが、もうすぐホテルに迎えが来る時刻。ホテルに帰る道すがらバンコクの夜空に浮かぶ月を見て寂しい気持ちになっていった。  空港への送迎は午後7時半に来ることになっていた。23時50分の便なのでずいぶん早いと思ったら、インペリアル・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ旅行 その11

1月8日(土) 第4日目  バンコクでの最終日は午後7時半にホテルまで迎えがくることになっていたので、前日と同じ EMPORIUM (エンポリウム)のフードコートで夕食。毎回同じようなメニューになるが、300バーツのクーポンを買い、娘たちにはカオムートードとカオカームー、妻は麺を頼み、私は中華粥を注文した。  そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ旅行 その10

1月8日(土) 第4日目  MBKセンターにあるCD&DVDショップの mangpong で購入したのは数枚の映画DVDの他に SUGAR EYES のミニアルバムと KARAOKE(VCD)。  SUGAR EYES はKAMIKAZEのアイドルたちに対抗すべく、SONYが満を持して送り込んだアイドルグループ。デビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ旅行 その9

1月8日(土) 第4日目  この日はもちろん Mahboonkruong Center (MBKセンター)の6Fにある庶民派フードコート FOOD CENTERで昼食。バンコクの有名なショッピングセンターにあるフードコートにはけっこう足を運んでいるつもりだが、満足度が高いのは何と言ってもここ。料理の種類が多いうえにコストパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ旅行 その8

1月8日(土) 第4日目  バンコクで過ごす最終日はMahboonkruong Center(MBKセンター)と東急百貨店でのショッピング。ウィークエンドマーケットに行かない今回のメインイベントと言っていい。MBKはバンコク市内ではイチオシのショッピングセンターである。しかし、張り切って早く出かけてしまい、10時の開店まで30分ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ旅行 その7

1月7日(金) 第3日目  ホテルに戻って娘たちをプールで遊ばせ、一休みしたあとは EMPORIUM (エンポリウム)のフードコートで夕食。  前回の滞在では、高級フードコートの PARK FOOD HALL (パーク・フード・ホール)のみで食事をしたが、それは単に庶民派フードコートの FOOD HALL (フード・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ旅行 その6

1月7日(金) 第3日目  バンコク・スカイ・レストランで昼食をとり、プラトゥーナム市場で買い物をしたあとはいったんホテルに戻って休憩。  ホテルへの往復はベンジャシリ公園を通過するのだが、ここにくると娘たちのテンションも上がる。さっきまで暑さと疲れでぐったりしていたのに公園に入った途端に駆けだした。プラトゥーナムで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ旅行 その5

1月7日(金) 第3日目  この日はまず The Platinum Fashion Mall (プラチナム・ファッション・モール)からスタート。プラトゥーナム市場は子供連れには大変そうなので、冷房の効いた屋内で衣服や靴などを物色することにした。チットロム駅から歩いて15分ほどの距離ではあるが、CWP前の路上には屋台が出て人通りも多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ旅行 その4

1月6日(木) 第2日目  2日目の夕食は CENTRAL CHIDLOM (セントラル・チットロム)のフードコート”FOOD LOFT”。チットロム駅の周辺ならば Big C のフードコートに行きたいところだが、残念ながら工事中で買い物すらできない。  CENTRAL CHIDLOM (セントラル・チットロム)はバンコク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ旅行 その3

1月6日(木) 第2日目  バンコクでの1日目はネットを通じてウェンディツアーに申し込んだ「エレファント・クロコダイルショー&ローズガーデン」の半日観光。親が行きたいがために幼い娘たちをバンコクに連れてきたので、せめてもの罪滅ぼしでもある。昼食付というのも無難。まずはバンコク郊外の SAMPHRAN ELEPHANT GROUND…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ旅行 その2

1月5日(水) 第1日目  宿泊先は前回同様にインペリアル・クイーンズ・パーク。良くも悪くも日本人観光客の扱いには慣れているので必要以上の贅沢を求めなければ快適に過ごすことができる。プロムポン駅やエンポリウムに近いことはもちろん、子供連れには目の前にベンジャシリ公園という憩いの空間があるというのもポイントが高い。  AN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ旅行 その1

1月5日(水) 第1日目    妻と2人の娘(5歳と2歳)を連れて私にとっては4度目のタイ旅行。4人合わせると10回目の訪タイということになる。  最初はTG、2・3回目はJAL、そしては今回はANAを利用した(オプションで並び席が確約されるのでANAを選んだのだが、他のツアーでも選べたのだった)。成田発17:300のNH…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次は KAMIKAZE レーベルが来る!

Kamikaze WAVE CONCERT LIVE IN BKK 2010 ☆  KARAや少女時代などの韓国アイドルグループも魅力的だが、タイのアイドルも負けてはいない。もっとも、5年以上追い続けているタイ映画はともかく、タイの音楽シーンについてはまだまだ勉強中。たまに行くタイ国屋台風居酒屋のアナログテレビで流れるVCDを眺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男が泣ける レター

レター 僕を忘れないで THE LETTER ☆  韓国映画「手紙」のタイ映画によるリメイク作品。1997年のオリジナルは既に見ていると思っていたが、2003年の「ラブストーリー」と勘違いしていたらしく、この作品を見ていても記憶は蘇らなかった。  チェンマイを舞台にした、ほぼ最初から最後まで主人公のディウとトンの2人によって進行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more