テーマ:日本映画

浅田真央と祥子 D坂の殺人事件

D坂の殺人事件 ☆ 【BD】D坂の殺人事件 ☆ 【BD】  探偵・明智小五郎が初めて登場する江戸川乱歩の『D坂の殺人事件』を「失恋殺人」の窪田将治監督が映画化した。主演は「週刊ポスト」で人気を博した謎の美女・祥子。『D坂の殺人事件』は1998年に実相寺昭雄も映画化しているが、この作品は『屋根裏の散歩者』の設定を組み込ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸薄い名子役 花宵道中

花宵道中 ☆ 【BD】  宮木あや子の2006年「R-18文学賞」受賞作を安達祐実主演で映画化。江戸吉原を舞台に、原作の第一部にあたる女郎朝霧の悲恋を描いている。安達祐実がこれまでにない官能的な演技に挑戦したことで話題になった。  朝霧(安達祐実)は、小柄で幼い顔立ちであるが、男に抱かれると体に赤い斑点が浮かび上がる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コメディか~ 愛の渦

愛の渦 【iTunes】  2006年に岸田國士戯曲賞を受賞した舞台を、作者の三浦大輔自身が監督して映画化した作品。乱交パーティを目的に、マンションの一室に集まった男女8名の一夜の出来事を描いている。NHKの朝ドラに出演している門脇麦が大胆なラブシーンを演じていることでも話題になった。  深夜0時から午前5時までの5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うかつにも!? 舞妓はレディ

舞妓はレディ 【iTunes】  「ファンシィダンス」や「シコふんじゃった。」の系譜に連なる周防正行監督お得意のハウツー映画。田舎から出てきた少女が京都の花街で舞妓となるまでを描く。うかつにも主人公の少女が鹿児島弁と津軽弁のバイリンガルで、京言葉をしゃべれないということを知るまで、タイトルが「マイ・フェア・レディ」のパクり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原作が面白そう 私の男

私の男 ☆ 【BD】  第138回直木賞受賞作である桜庭一樹の『私の男』を、ぴあフィルムフェスティバル出身の熊谷和嘉監督が映像化。国際的に活躍する浅野忠信と新進気鋭の二階堂ふみが主演し、「近親相姦」というテーマを扱ったことでも話題性は十分の作品である。日本映画のディスクは高いのでなるべく買わずに済ませたいところだったが、同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メリハリが欲しい TOKYO TRIBE

TOKYO TRIBE トーキョー・トライブ ☆ 【BD】  「バトル・ラップ・ミュージカル」と銘打ち、園子温監督が新たなジャンルに挑戦した意欲作。原作は井上三太のコミック『TOKYO TRIBE2』で、「花子とアン」の鈴木亮平とラッパーのYOUNG DAISを主演に、染谷翔太やでんでんなどの園子温作品の常連のほか、多くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビ画面がちょうどいい 超高速!参勤交代

超高速!参勤交代 【iTunes】  日本映画製作者連盟主催の第37回城戸賞(2011年)を受賞した土橋章宏の脚本を、「釣りバカ日誌」シリーズの本木克英が監督した時代劇。城戸賞では初となる審査委員全員による満点での受賞作だったとのこと。主演は佐々木蔵之介、ヒロインは深田恭子が務めている。  八代将軍・徳川吉宗の時代、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

混沌たる世界 渇き。

渇き。 ☆ 【BD】  第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生のミステリ小説『果てしなき渇き』が原作。映画の方は、パク・チャヌクの韓流映画と園子温のバイオレンス映画にクエンティン・タランティーノのグラインドハウス映画を加えたような強烈なインパクトがある。決してカタルシスや感動を求める映画ではないが、様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰の凄さを実感 富嶽百景

富嶽百景~遙かなる場所~ ☆ 【DVD】  ひさしぶりに太宰治の短編小説「富嶽百景」を読む機会があり、ネットで検索してこの作品の存在を知った。「新感覚ブンガク映画」シリーズと銘打って、この作品の他にも賢治の「銀河鉄道の夜」や露伴の「五重塔」が映画化されている。「富嶽百景~遙かなる場所~」は本編56分と短いが、一応は劇場公開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今だからこそ! 小さいおうち

小さいおうち ☆ 【BD】  第64回ベルリン国際映画祭で、黒木華が最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞し、話題になった作品。中島京子による原作は、第143回直木賞を受賞した。  昭和十年代、赤い三角屋根の「小さいおうち」に住む平井家の女中として働いていたタキ(黒木華)が、平井家の奥様・時子(松たか子)と夫の部下・板倉(吉岡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総勢36名! プリキュアオールスターズNS3

映画 プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち ☆ 【BD】  プリキュアオールスターズの第6弾。歴代プリキュアの顔見世興行的だった前半3部作から、第4弾以降は New Stage と副題がつき、その年の新しいプリキュアが中心となってストーリーが展開する。  今回は「ハピネスチャージプリキュア!」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上半期ベスト!? 赤×ピンク

赤×ピンク ☆ 【DVD】  六本木の廃校で夜な夜な行われる少女による非合法格闘技イベント「ガールズブラッド」。そこに集まり、闘う少女たちをめぐる物語で、直木賞作家、桜庭一樹原作のライトノベルを映画化した作品である。  ストーリーは、空手のインターハイで全国ベスト4に入ったが、性同一性障害のために家族と離れて暮らす皐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原作超えた? 共喰い

共喰い ☆ 【BD】  田中慎弥の第146回芥川賞受賞作「共喰い」を映画化した作品。  17歳の遠馬は、セックスの最中に女性に暴力を振るわずにいられない父の血が自分にも流れているのではないかと怖れ、恋人の千種に同じことをしてしまうのではないかという不安を抱いている。  話題になった原作は、芥川賞受賞に関して世間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川島なお美論 チャイ・コイ

チャイ・コイ Chai Koi ☆ 【DVD】  岩井志麻子原作の小説『チャイ・コイ』を映画化した作品。バンコクを訪れた小説家の麻衣子(川島なお美)が、韓国人ムエタイ選手の青年ハヌル(イ・テガン)と出会い、言葉が通じないながらも欲望のままに求め合う。  私より5歳年長の川島なお美は、80年代の文化放送「ミスDJリク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元都知事がサイコー 地球防衛未亡人

地球防衛未亡人 CHIKYU BOUEI MIBOUJIN ☆ 【DVD】  河崎実監督の作品を購入するのは2006年の「日本以外全部沈没」に続いて2本目。前回は筒井康隆の原作が好きだったこともあって購入したが、今回はもちろん壇蜜を見たいがために購入した。  ストーリーはまさにタイトルの「地球防衛未亡人」が示すとお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水口さんが帰ってきた? 舟を編む

舟を編む The Great Passage 【iTunes】  原作は2012年の本屋大賞を受賞。映画化されたこの作品も、第37回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞するなど評価は高く、公開後は多くの観客動員を記録している。  若者言葉などの俗語や新語、誤用までも収録した新しい国語辞書を作ろうと奮闘する辞書編集者を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津軽弁の違和感 奇跡のリンゴ

奇跡のリンゴ 【iTunes】  世界で初めて無農薬・無施肥のリンゴの栽培に成功した木村秋則の実話を基にした作品。  阿部サダヲという抜群の安定感を持つ役者を主役に据えたことで、129分という時間も最後まで安心して見ていられた。題材の面でも、キャストの面でも、ほぼ予想通りの展開と着地点。それはそれでケチをつけるところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思わず涙も 新・のび太の大魔境

映画 ドラえもん 新・のび太の大魔境  「のび太のひみつ道具博物館」から、ちょうど1年ぶりで映画館に足を運んで見た作品。  もちろん、自分が見たかったわけではない。8歳と5歳の娘に春休みのプレゼントとして、わざわざ隣県の映画館まで行って見せてきた。地元に映画館がないわけではないが、いつでも映画館に連れて行ってもらえる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二階堂ふみ再発見 地獄でなぜ悪い

地獄でなぜ悪い WHY DON'T YOU PLAY IN HELL? ☆ 【BD】  楽しみにしていた園子温監督のスラップスティック・コメディ映画。ここのところ「ヒミズ」、「希望の国」と社会的なテーマの作品が続いていたので、「愛のむきだし」のようなぶっ飛んだ面白さを期待して Blu-ray を購入して鑑賞した。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「飼育」の定義 TAP完全なる飼育

TAP 完全なる飼育 ☆ 【DVD】  後悔するとわかっていても買わなければならない作品がある。私にとって「完全なる飼育」シリーズもその1つで、竹中直人と小島聖の「完全なる飼育」に衝撃を受けて以来、この第8作まで全てを所有している。もっとも、感心して見ていたのは第2作の「愛の40日」くらいまでで、そのあとは期待を裏切られる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結末に賛否!? くちづけ

くちづけ 【iTunes】  知的障害者のグループホームを舞台に、知的障害の娘を守り育てる父親の姿を描いたドラマで、劇団「東京セレソンデラックス」の舞台を映画化した作品。貫地谷しおりと竹中直人が父娘を演じている。  むやみに予定調和的なハッピーエンドを期待するわけではないが、悲しすぎる結末には賛否両論がありそうだ。実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冨樫真の豹変 Miss ZOMBIE

Miss ZOMBIE ☆ 【DVD】  主演の小松彩夏のことも最近知ったばかりで、特に関心があったわけでもないが、「美しすぎるゾンビ」という一部の評価もあり、ゾンビ映画のファンとしてはリスクを承知で購入せざるを得なかった。果たして結論的には「ゾンビ映画ファンとしては見ておいていい作品」といったところか。なかなか興味深い作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

説明無用 さよなら渓谷

さよなら渓谷 ☆ 【BD】  登場人物はいずれも寡黙で、彼らの心情はその行動や表情から推察するしかない。しかし、レイプ事件の加害者と被害者が一緒に暮らすという奇妙な設定であるからこそ、言葉(台詞)で説明しようとすると、途端に陳腐に感じられるのではないか。この作品では、過去に起こった出来事を淡々と描くことで、かなこ(真木よう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼・大島渚 愛のコリーダ

愛のコリーダ In the Realm of the Senses (北米版) ☆ 【BD】  Amazonの「おすすめ商品」の中に北米版のBlu-rayが出ていたので、大島渚監督を偲んで購入。  おそらく20数年前にレンタルビデオで見たことはあるはずだが、ほとんど記憶がないところを見ると、日本版にはそれほど感動しな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧友との再会 変態仮面

HK/変態仮面 【iTunes】  軽い気持ちで見始めたが、すぐに「これは本気で作った映画だ」と気づかされた。このテの作品は作り手の意気込みとは裏腹に製作費やキャストに難があり、チープな印象を与える中途半端な作品に終わってしまうことが多い。しかし、この作品は「おバカ」に徹して「真面目」に作られている。主演の変態仮面を演じる…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

石井隆のファンタジー フィギュアなあなた

フィギュアなあなた ☆ 【BD】  石井隆監督の最新作であり、グラビアアイドルの佐々木心音がオールヌードで等身大フィギュアを演じると聞けば買わないわけにはいかない。もっとも、佐々木心音のことはまったく知らず、今回彼女のプロフィールを確認していて私と誕生日が同じだということを知ったくらい。似たような設定の作品にはペ・ドゥナの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意外に正攻法 ユダ

ユダ judas  【iTunes】  テレビのコメンテーターなどをしていた元キャバ嬢のタレント立花胡桃の自伝的小説を映画化した作品。  自分に自信を持てない少女が、妊娠中絶の費用を稼ぐため夜の商売に足を踏み入れ、大宮のキャバクラからついには歌舞伎町の高級店で№1に成り上がっていくというストーリーで、前半はスポ根的な要素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次は選抜総選挙 プリキュアオールスターズ

映画プリキュアオールスターズ New Stage 2 こころのともだち ☆ 【BD】   今年もまた娘に甘い父親はBDを購入してしまった。それにしても邦画のアニメはバカ高い。Amazon で買ったので割引にはなっているものの、定価(税込価格)は7,980円!   「スイートプリキュア」あたりで関心を失ってしまったパパとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安藤サクラの魅力 かぞくのくに

かぞくのくに 【iTunes】  2012年のキネマ旬報ベストテン邦画1位の作品をやっと鑑賞。いかにもキネ旬好みといった雰囲気で、じっくり作品世界に身を投じたかったのだが、残念ながらできなかった。  この作品に限った問題ではなく日本映画全般の傾向なのだが、台詞が聞き取りづらい(年老いたせい?)。もちろん、リアリティを追求…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロットの勝利 ロボジー

ロボジー ROBO-G 【iTunes】  楽しくストレスのたまらない作品なのだが、見終わって何かが心に残ったというわけでもない。  五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)の枯れきっていない味のある演技も、木村電器の3人組を演じた濱田岳、川合正悟、川島潤哉の息のあったトボけた演技も、ロボットに一途な女子大生を演じた意外にさわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more